ホーム  >  小鮒 正のプロフィール

小鮒 正  Tadashi Kobuna

社員写真

プロフィール

役職 売買部 アセットマネジメント課 営業
資格 宅地建物取引士/損害保険募集人
出身地 栃木県日光市
誕生月 10月
血液型 O型

お客様へのメッセージ

社員写真

不動産の売買は人生でそう何度も経験することではありません。経験する回数が少ないからこそ購入の場合は、「本当に自分に合った物件はどんな物件なのか」「無理ない返済の計画なのか」など真剣に考えることが重要です。売却の場合でも、金額ももちろん大切ですが、「安心安全に新しい買主様へ物件を引き渡す為には何をしなくてはいけないのか」「今が売り時なのか」「どのように売却をすれば一番売主様が幸せになれるのか」ということに常に考えることがプロとしての役目だと思っております。
不動産の売買は良きパートナーとなれる担当者に出逢えるかが重要です。不動産のプロとしてパートナーとして一生涯のお付き合いをさせて頂く気持ちでおりますので是非どんなことでもご相談ください。

仕事をする上で大切にしている事

エピソード写真

お客様と二人三脚でご相談に対して解決していくことです。私は初回にお会いした際にじっくりお話をお伺いします。不動産とは物件ありきですので、購入の場合は物件のご提案が先行する話の進め方が主流かと思いますが、それだとお客様のライフスタイルやお考えが分からずいいご提案ができません。売却するにしても、売却するまでの流れや売却する上でかかる費用などが売却の方法によっても変わってきます。購入にしても売却にしても、しっかりとお話をお伺いし打ち合わせができれば、お客様にとって本当に良い選択を一緒に見つけることができますし、理由も含めしっかりお伝えすることができます。絶対に後悔して頂きたくないので決断をする上でデメリットがあればその旨しっかり説明し、お客様の人生においての選択が「この選択は間違っていなかった」と思って頂けるような接客を心がけております。

仕事でうれしかったエピソード

社員写真

住宅を購入して頂いたお客様で、ご主人に先立たれてしまったシングルマザーのお客様がいました。新築のお問い合わせだったのですがローンの借入金額が伸びず、なくなくその時は断念しました。その数か月後に中古の物件の紹介をしていただけないかというご相談を受けご紹介しました。ご案内中の車の中で「本当は新築がほしいけど私には無理だから」ボソッと言ったお客様の言葉が頭から離れられず、何とかしたいという気持ちになりました。金融機関や売主さんにも「この方を幸せにしたいので協力してください」と頭を下げ、沢山の方に力を貸して頂き無事にローンも通過!そして「ローンが通らなかったら子供ががっかりするから家を探していることは言ってない」とのことでしたが、ローンの承認が下りたのがまさかのクリスマスでした。お客様にもお子さんにとっても最高のプレゼントができて良い仕事ができたなと思った契約です。

私の休日写真

  •  娘とブランコ
    娘とブランコ
  •  趣味でスープからラーメン作ります!
    趣味でスープからラーメン作ります!

ページの上部へ